FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年06月11日 (木) | Edit |
英雄の書 上英雄の書 上
(2009/02/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



英雄の書 下英雄の書 下
(2009/02/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る



買ってからしばらく積んでたんだけど、こないだようやく読みました。
そして止まらんくって、一晩で読み終えた。。。


これは、「ぼうけんのしょ」だった…!


むしろ児童書でいいんじゃないかな?
ふり仮名ふってる漢字もあるから、小学校高学年~中学生くらいなら充分読めると思うし、読んで欲しいと思った。

「本」が好きな、本とは限らず「物語」が好きなひとが書いたんだなっていう本だった^^


「物語」は「領域」であり、「紡ぐ者」(作家とかクリエイター)がENDマークを付けてもその物語はそこに存在し続け、それが領域となる。のです。読んだらわかります。

それはすごく共感できるなあ。
その物語が閉じても、その世界はずっとそこに在るってことですよね。


この本はシリーズの第一巻、て感じだったので、これからシリーズ化すればいいのにな~。
するのかな?
また読みたい。



余談だけど登場人物に「アッシュ」が出てきて、わたしはひどく動揺したのだった。。。笑
「ちょ、やめてよ…;」て呟いた。(夜中に)

「ユーリ」も居るけどそれは女の子だったんだよ!


コメント
この記事へのコメント
「英雄の書」は新聞連載中に読みました。
宮部さんのお話が毎日読めるのが嬉しくて、続きはどうなるんだろとわくわくしてたんだけど、結末が…。
お兄ちゃんの失踪原因の事件が重いものだけに、きちんと現実世界で判決を受けてほしかったなともやもやしてしまいました。
このもやもや感を書きたかったのかなとも思うんだけど。
でも、この結末だと何も知らず息子の帰りを待っている両親や被害者の家族がかわいそうだし、お兄ちゃんも加害者だけど被害者でもあるので、言い訳させてあげたかったと思ってしまうんですよね。

批判めいたこと書いたけど、この本の世界観はすごく魅力的だと思うよ。
積読本がいっぱいあるので、いつになるか分からないけど、また読もうかなと思います。
書き直されてるところとかあるかもしれないしね。
もし続きがあれば、お兄ちゃんの出番がなさそうで寂しいなと思うけど、私も読んでみたいです。
2009/06/16(Tue) 15:23 | URL  | 月猫 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
そうだね、わたしもそれは思ったよ~。
話そうにも話せなくて、確かにどうしようもないなとも思ったけど、うやむやにするのはすっきりしないよね。兄ちゃんも現世ではないところで罪を償ったんだけど、現実のひとたちは知らないままだもんね。
だからこそ続きがあるのかなと思ったり。
でもどんどん続きが描けるネタなので、ほんとにシリーズ化すればいいなと思うよ!
2009/06/17(Wed) 22:09 | URL  | 瀬谷 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。